いつでも子育ての相談をすることができるシステムにする

 

柏倉です。

 

以下保護者に送ったメール

 

面談をした保護者の方より、
下記のようなメッセージをいただきました。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

先生に気を遣いすぎて相談していなかったら、
子どもとの関係は余計悪くなる一方だし、

それが学習にも影響し、逆に先生に余計に
迷惑をかけてしまったのではないかと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

★1日も早く解決したほうが、結果的に親も子も先生も楽になる

 

塾生の保護者の皆様、いつも話しづらいことを、
打ち明けていただき、本当にありがとうございます。

 

「勉強を教えてもらう先生に、家庭のしつけ的なことまで
 相談までするのは図々しいのではないか」
と思う気持ちは非常に分かります。

 

ですが先生側としては、切羽詰まる前に
1日も早く相談していただいたほうが、

勉強だけに集中するように
もっていけることも少なくないです。


親子関係は勉強に間違いなく影響するからです。

1日も早く解決したほうが、
結果的に親も子も先生も楽になります。

 

気を遣っていただくのは嬉しいです。

しかし、この方がおっしゃる通り、1人で悩むくらいなら、
私はどんな小さいなことでも
遠慮なく相談していただきたいと思っています。

もう一度お伝えしますが、全然迷惑ではありませんよ。

むしろご家庭だけでは解決することが

困難な問題を抱えたまま、 

 

我慢して生活し続けてしまうことのほうが
私としては悲しいです。


どんな小さいなことでも1人で悩まず 、
遠慮なく相談していただきたいと思っています。

すぐに解決できない問題も少なくないですが、
人に話を聞いてもらったり、
相談にのってもらい心が軽くなるだけで、

子どもへの接し方も、日々の生活も
全然違ってくると思います。

 

 

★ぜひ思い切ってご相談されることをお勧めします

私自身、相談しやすくなる関係を

保護者様と作る目的もあって、

LINEで全ご家庭とつながり、

全体とはグループLINEで関わり、


個別では対面、電話等で
コミュニケーションをとっています。

指導に関して
いいことも話しづらいことも、

こちらから積極的にご家庭に
報告・連絡・相談するようにしています。

その中で、生徒指導の改善点や
勉強面にとってプラスになることを発見し、
次の指導に生かすようにしています。

プロでも指導が上手くいかないときはあります。

そのときは原因解決策を
保護者様とともに考え、
実行に移し続けることを心掛けています。

 

顔を見て 一言でも お話しができたら、
お互い安心ですし、問題の早期発見、早期解決も
できるかなと思っています。

 

 

★最後に・・・

私の高校時代、 父は 単身赴任、 兄は 家庭内暴力、
弟は 知的障害という家庭でした。

そんな中 母は、 子育て、家事をこなしていて、
自由な時間もあまりなかったと思いますので、
今考えると ストレスまみれだっただろうなと思います。

利害関係のない第三者に 話を聞いてくれる人が
いたのなら、もっと家庭は平和だったんじゃないかと
思います。

この仕事をしている理由として、
当時の柏倉家のような ご家庭を1件でも減らし たいと
思っているという理由もあります。