モンスターペアレントの対応法 クレーム防止

プレミアの柏倉です。


モンスターペアレントからのクレームの理由と防止方法
私が大学生アルバイト塾講師だったころ、
生徒の母親から電話があり、出た瞬間に
 
「子どもが○○と言っていますけど、

 どうなってるのよ!!」と
怒鳴られたことがありました。
 

この記事では保護者が

理不尽なクレームをしてしまう理由と

防止方法を解説します。

 

 

実際はこちらにはほとんど落ち度はありませんでした

私の指導の言葉を

わざわざネガティブに捉え

勝手に拡大解釈し、


感情的になり、

理不尽なクレームを

言ってきました。

 

腹が立ちましたし、

納得いきませんでしたが、

 

親は母親が子どもの

言い分だけしか聞きません。

 

「柏倉先生は悪くないよ。

 

 生徒の考え方に問題があるし、

 ○○さんは入塾面談から

 モンスターのにおいがしたんだ。

 

 不本意だと思うんだけど謝ってくれ」


と上司に諭され、仕方なく謝りました。

 

結局理解してもらえず、
そのご家庭は塾を辞めました。 


「この人は何を言っても
 自分の考えを曲げない人だ、

 説得しても意味がない。
 勝手にすればいい・・・」
 
そんな心境でした。
 

 

コミュニケーション不足という意味ではこちらも悪い

今ならわかりますが、

塾での子どもの様子が

普段から分かっていたら、
 

子どもが不満を口にしたときに

ここまで被害妄想が膨らむ

ことはなかったのかもしれません。
 
その点を考えると、
このご家庭とは

コミュニケーション不足でした

 

 

心配・不安感情はIQを下げ、理性的な判断能力を奪う

近年核家族化、少子化により、

子どもへ愛情が

集中することよって、

 

心配・不安感情が行き過ぎ、

IQが下がり、

 

理性的な判断が

できなくなることで、

怒りを抑えられなくなるそうです。

 

だからこそ普段から

密なコミュニケーションをとり、

 

保護者が爆発しないよう、

信頼関係を強固に

しておくことが必要です。

 

幣塾でも子どもの塾の様子を

逐一LINEや電話や対面で
伝えるようにしていので、

 

こんな理不尽なことには

遭遇していません。


最後に超モンスターペアレントの

例を紹介します。

 

 

保護者が鬱や発達障害の可能性がある

夜まで共働き、添加物まみれの食事、

運動不足、ストレス社会によって、

親世代は心の余裕を失っています。

 

信じられないかもしれませんが、

学習障害で学校の授業に

ついていけないレベルの学力なのに、

 

「成績が上がっていない」

 

とクレームを言ってくる

保護者もいるくらいです。

 

理不尽で、イライラしますが、

ここまでくると保護者が鬱や発達障害の

可能性があると考えた方がいいです。

(実際に激増しています)

 

カウンセリングや専門の治療が

必要ですから、正直塾では

手に負えないレベルです。

 

もちろん保護者はまさか自分が鬱や

発達障害だとは思っていませんから

直接的に指摘してはいけません。

 

そもそも鬱や発達障害がはっきり

分かってきたのは近年です。

 

(柏倉は家族に鬱と障害の

 人間がいるため多少詳しいです。)
 

 

防止方法は、強制退塾、入塾制限、関わらないの3つ

仮に保護者が鬱や

発達障害だった場合、

 

どうすることもできませんから、

イライラしても仕方がないです。


ライオンを手なづけようとして

上手くいかないからと言って

イライラしませんよね。


極端な例えかもしれませんが、

イライラする必要すらない

というレベルの話なのです。

 

塾に居続けられても

お互いストレスがたまるだけなので、

 

相手を責めず、

こちらが悪いということにして、

辞めてもらいましょう。

 

そもそも入塾前カウンセリングや

体験の段階で入塾させないか、

 

保護者と関わらないような

コースに誘導することが

塾や先生を守る方法になります。

 

幣塾でも今では入塾させる

ご家庭を厳選しています。

 

近年こんな親が増えているのは

隠れた社会問題かもしれません。

 

 

 

今日もブログをお読みいただきありがとうございました。