こんな内装、学習塾じゃない!?カフェや美容室の内装を参考にする

 

画像

 

 

柏倉です。

 

 

インテリアやデザインは成績アップとは関係ない?

「インテリアやデザインは、成績アップとは関係ない」

というご意見をいただいたことがあります。

 

そのご意見はごもっともなのですが、

 

ここでの論点は、

 

・入塾率を上げること

・退塾率を下げること

・問い合わせを増やすこと

 

です。

 

いくら成績が上げられる

技術があっても生徒がいないと

その力を発揮できません。

 

そういう意味では

教室の雰囲気作りにこだわるというのは

非常に大事です。

 

子どもが集まりやすい教室に

あなたのその技術が合わさったら

最強の塾の誕生です。

 

 

当塾の保護者・生徒にウケがよかった内装のこだわり

・ソファのある休憩室(仮眠も可)

・カフェや美容室のような立て黒板を出す

・椅子は姿勢が良くなるアーユルチェアを使用

・学校と同じ机を使わない(ガラステーブル使用)
・室内は緑を多く配置し、常に整理整頓を心掛ける

 

学校で使っているものと

同じ机椅子を使っている

塾は多いですよね。

 

すると、どうしても学校と同じような

内装の雰囲気になってしまいます。

 

以前教室見学に来られた先生に、

 

「『子どもたちは、学校から帰って、

 また学校のようなところに行きたいと思いますか?』

 と問われて目から鱗でした!」

 

と言われたことがあります。

 

今の時代おしゃれな店が多いですから、

子どもたちの目も肥えています。

(今は内装にこだわった塾も普通になりましたけどね)

 

カフェや美容室の内装を

参考にするとウケがいいです。

 

カフェや美容室の待合室は

机や椅子にこだっていますよね。

 

当塾は普通の塾では

使わないだろうと思われる

ガラステーブル(汚れがすぐ落ちるので)や、

 

1脚5万円の姿勢が良くなる効果のある

アーユルチェアを使っています。

 

ガラステーブルは汚れがすぐ落ち、

傷が残らないので、劣化が目立ちません。

 

(机も椅子も安くはありませんが、

 オンリーワン戦略として、塾の売りにできるので、

 投資だと考えています)

 

 

季節によってインテリアを変える

ぜひ年に3~5回は、

季節によってインテリアを変えたり、

机の配置などの模様替えをしましょう。

 

たまにカフェ等で仕事をする方なら

ご理解いただけると思うのですが、

 

環境が変わると気分が変わり、

新鮮な気持ちになりますよね。


マンネリ化すると学習効果が下がります。

 

先生も生徒も気持ちよく

過ごせる環境を整えることは、

 

学習効果が下げないという意味でも

大事なことなのです。

 

 

整理整頓されていないと入塾率が下がる

素敵な教室は

初めて塾に来ていただいたご家庭に、

好印象を与え、入塾率がアップします。


「塾じゃないみたい!」と感動を与え、

「ここで勉強したい!」という子もいるほどです。

 

ただご注意いただきたいのは、

整理整頓です。

 

どんなにきれいなインテリアがあっても

塾が整理されていないだけで、

入塾率は下がる場合があります。

 

ファッションや身だしなみ同様

女性(母親)は細かいところが気になり、
 

マイナスの印象を与えてしまう

可能性があるからです。


そういった細かい点は男性だけの視点では、

気づかないことが多いですので、

女性にチェックしてもらうことをお勧めします。


塾内のインテリアや1つ1つの備品も

自分だけの考えで決めず、

奥様や恋人に意見をもらいましょう。


 

内装のアドバイスもさせていただきます

私自身インテリアや1つ1つの備品は

ほぼ自分で選んでおりません。

 

保護者目線を持つ女性デザイナー中村に、

選んでもらっています。

 

先日直接伺った塾様には、

柏倉の塾運営コンサルに加えて、

 

中村から内装のアドバイスも

させていただきました。

 

ご希望がございましたら、

内装のアドバイスもさせていただきます。

 

かかる費用はアドバイス料と

2人分の交通費のみです。
 

以上のように教室のインテリアにおいても、

保護者目線を取り入れるだけで

集客につながことをご理解いただけましたでしょうか。

 

こういった常識に縛られない

一つひとつのこだわりが

キャンセル待ちの塾を作っていくのです。