サービスを魅力的に磨き上げ、堂々と売り込む

柏倉です。

 


あなたは、教育業界の以下のような

勧誘法に抵抗を感じませんか?
 

 

入会させれば後はどうでもいい?

 

・エースの先生が分かりやすく面白い体験授業をし、

 いざ入塾したらアルバイトの先生に変わる

※大手塾でよくある営業手法
 

・「学習アドバイザー」と称したセールスマンが家庭に出向く
・無料体験と称して、その場で責任者が強引な営業をかける
※大手家庭教師業者でよくある営業手法

契約させるのは、その生徒を

担当する先生ではありません。

本来であれば目指す教育目標、

大事にしている指導理念、
指導の流れや指導の方向性などは、
 

「指導する先生」が直接ご家庭に

説明するのが筋でしょう。
 

その塾や家庭教師のサービスに

価値を感じていない人に、

無理矢理売り込むことは悪です。

 

 

サービスに自信をもっているからこそ、堂々と売り込む

 

体験授業や教育カウンセリング内で
無理な勧誘は一切行うべきではないですが、

 

明らかに今すぐ塾が必要なご家庭に対して、

価値がや力が伝わらないのも良くないです。

サービスに自信をもっていればこそ、
興味をもってくれた方にとっての

 

価値を正確にお伝えするのは、
教育事業をやっている人間の

果たすべき義務です。

お申込みいただいたご家庭全員に
「頼んでよかった!」と思っていただくために。

そして、たった1人でも
「思っていたのと違った」と

感じる方を出さないために。
 

その理想を叶えていくのが

プロの仕事です。


あなたは塾の魅力を、

相手に正確に伝えられていますか?

 

 

授業料の安売りは塾や先生や授業の価値を下げる

 

以上のような信念や自信がないと

問い合わせがなかったときに

授業料の値下げをしようとしてしまいます。
 

あなたの塾、もしくはあなたの授業や指導は
そんなに安いのでしょうか?
 

私は授業料の値下げは、
プロ集団として、絶対にしては

いけないと思っています。

 

授業料の値下げは

塾や先生や授業の価値を下げてしまい、

 

セルフイメージも下げるという

マイナススパイラルに入るからです。

 

ここは仕事人としての

プライドの部分ですので、

譲ってはいけません。
 

とはいえ、プライドだけでは

一人よがりになりかねないので、
 

様々な媒体を使い、

しっかりと価値が伝わるように

伝えることが大事なのです。

プレミアは求めている人に適切に届くように

アプローチするためのプロでもあります。

 

お気軽にお問い合わせください。