問い合わせを増やすホームページ画像やデザイン

画像


柏倉です。

 

戦略的値上げ方法3選

スマホがあるので、

中学生も塾のHPを見ています。

 

・HPが素敵な塾に行きたい(女子) 

・HPがダサい塾には行きたくない(男子) 

 

かわいい・かっこいいを

気にする年ごろで、

友達の目もあるので、

 

デザインも、保護者にも子供にも

受け入れられるように考えないと、

問い合わせ減です。

 

この記事では、問い合わせを増やす

ホームページ画像やデザインについて

解説していきます。

 

 

言葉で伝えるより、画像で伝える

 

塾のホームページやチラシを見る母親は、

パッと見た印象で読むか読まないかを

判断されることが多いです。

 

長い説明は読まれません。 

 

方針を理解して頂くために、

ホームページやチラシは画像中心に

 

視覚的な効果を意識した工夫と

デザインを施すことにより、 

「読みたい」という気持ちにさせることが可能です。

 

画像

輝く未来を想起させる

 

成績アップは多くのご家庭が塾に通う

「初期の目的」だと思いますが、

 

成績アップは実は志望校合格を

手に入れるための「手段」です。

 

手段を手に入れた

先にある本当の目的は

 

【今の悩みを解決し幸せな未来を手に入れること】


です。

 

ダイエットのビフォーアフターの

写真をイメージしていただくと、

1発で伝わりますよね。


あなたの塾に入ると、

今の悩みが解決し、

未来が明るくなると感じられますか?

 

それらは画像やデザインこそ

伝わりやすいですので、考えてみてください。

 

 

 

問い合わせ後の流れを分かりやすく示す

 

問い合わせ後の流れが分からないと、

問い合わせ率が減ります。

 

図で表すと、一目見て行動の流れを

とても分かりやすく伝えることが出来ます。

 

写真を入れると、イメージしやすくなり、

さらに分かりやすくなります。

 

ちなみに色でも

問い合わせ率が変わります。

 

青は信頼感、(ライト)グリーンは

安心感を与えることができます。 

 

画像

 

利害関係のない人に画像をチェックしてもらう

・先生の画像がない 

・塾の外観や内観の画像がない 

・壁や机の画像に汚れが映っている 

・画像の中に塾と関係ないものが映っている 

 

あなたの広告の画像を見て、

ご家庭がどう感じ、

 

どう行動してほしいかを意識すれば、

上記がNGなのは分かりますよね。

 

ここに紹介したのは、ほんの1例ですが、

これができているHPは少ないですので、

ぜひ取り入れてみてくださいね。