学習塾の授業料や月謝の値下げは絶対にしてはいけない

 

柏倉です。
  
コロナ騒動のとき私がサポートしている個人塾の塾長さんに
「オンライン授業の月謝は下げたほうがいいのでしょうか?」
という質問をされました。

 

私は「下げる必要は全くない。絶対に下げてはいけない」
と返しました。

 

誤解のないようにあらかじめお伝えしておきますが、

新規募集のために授業料や月謝の割引キャンペーンをするのは

全く問題ありません。(無料にするのは問題ありですが)

 

 

 

月謝を下げるデメリット

 

・経営が苦しくなる
・ブランド力が低下する
・月謝を戻しにくくなる
・月謝を戻したときに、印象が悪くなる
・月謝を戻したときに、値上げ感が生まれる
・月謝を戻したときに、ご家庭が塾を辞めやすくなる


値下げはデメリットが多すぎます。
 

 

値下げはセルフイメージも下げる

 

何よりよくないと思うことは、
 
------------------------------------
 
月謝を下げることで、

サービスの価値が低下していることを
自身が承認している
 
------------------------------------
 
という点です。
 
個人塾の場合、
 
「月謝=自塾の価値」
 
と言っても言い過ぎではないと思います。
 
値下げは、無意識で経営者としての
セルフイメージを下げてしまうのです。
 

 

個人塾の月謝無料は自分の首を絞める

 

コロナ休校中、オンライン授業に切り替えている

塾の月謝を調査したところ
 
A.無料
B.月謝の値下げ
C.通常通りの月謝
 
の3パターンに
分かれている感じでした。
 
もちろん緊急事態だから、オンライン授業を

無料で提供するというのは、理解できなくはありませんが、
それはビジネスではなく、ただのボランティアです。
 
資本力のない個人塾がやるのは自己満足です。


我々はそんなに価値のないサービスをしていないはずです。
 
 

ご家庭に対しても失礼な行為

 

さらに言うと、ご家庭は塾にかける教育費は
しっかり準備しています。
 
サービスを無償提供したり、月謝を下げることで、

我々の生活が苦しくなったら、メンタルがやられ、

サービスの品質が低下し、ご家庭に迷惑をかけることになります。
 
結果として、ご家庭に対し失礼な行為になっているのです。
 
一時的にオンラインを導入することや、
月謝を下げないことに文句を言うご家庭は、
もともと自塾がサポートする対象ではなかっただけの話。
 
人間性が炙り出されてよかったと思うべきです。
 
 

デメリットとメリットは表裏一体

 

そもそも論ですが、なぜ月謝を下げるという
考えが浮かぶのでしょうか?
 
・先生とは画面越しだから?
・対面よりサービスが低下しているから?

・今まで通り、塾という「場所」が利用できないから?

デメリットとメリットは表裏一体です。
 
今しかできない
 
・先生を画面越しとはいえ、独占できる
・通塾時間がなくなり、時間を有効に使える
・保護者は、通常見られない先生の授業を見ることができる
 
など、ほんの一部ですが、
考えればいくらでもメリットは出てきます。
 
・オフラインと同等か、それ以上のメリットを提供
・この塾のこの先生でしか受けられないオンリーワンのサービス

を提供すればいいだけな話です。
 
そういった
 
・プラスの面を考える癖
・周囲の塾に流されない意志の強さ
・自塾が提供しているサービスへの自信
 
がないと、遅かれ早かれ市場に淘汰されます。
 
コロナを乗り越えたとしても、

今後も試練は次々とやってきます。

 

 

ピンチに備え、ご家庭との信頼関係を築いておく

 

当塾はコロナの影響で多少システムを変更しましたが、
月謝は通常通りいただいていました。
 
今まで築き上げたご家庭との信頼関係があれば、
デメリットをメリットに変え、しっかりご説明すれば、
通常通りの月謝でも何の問題もないどころか、むしろ感謝されました。

    

 

授業料の安売りではなく、サービスを魅力的に磨き上げることを考える

 

以上のような信念がないと、問い合わせがなかったときに

授業料の値下げをしようとしてしまいます。
 

あなたの塾、もしくはあなたの授業や指導は
そんなに安いのでしょうか?
 

大事なことなのでもう一度お伝えしますが、

授業料の値下げは塾や先生や授業の価値を下げてしまい、

セルフイメージも下げるというマイナススパイラルに入ります。

 

ここは仕事人としてのプライドの部分ですので、

絶対に譲ってはいけません。
 

とはいえ、プライドだけでは一人よがりになりかねないので、
様々な媒体を使い、しっかりと価値が伝わるように

伝えることが大事なのです。

 

厳しいですが、その努力をしていないのであれば、

値下げしたところで問題は解決しません。

 

 

サービスに自信をもっていれば、堂々と売り込める

 

サービスに自信をもっていればこそ、
興味をもってくれた方にとっての

 

価値を正確にお伝えするのは、
教育事業をやっている人間の果たすべき義務です。

お申込みいただいたご家庭全員に
「頼んでよかった!」と思っていただくために。

そして、たった1人でも「思っていたのと違った」と

感じる方を出さないために。
 

その理想を叶えていくのがプロの仕事です。


あなたは塾の魅力を、相手に正確に伝えられていますか?

 

その塾や家庭教師のサービスに価値を感じていない人に、

無理矢理売り込むことは悪です。

 

しかし、明らかに今すぐ塾が必要なご家庭に対して、

価値がや力が伝わらないのも良くないです。

   

 

 

 

入塾させれば後はどうでもいい?

 

あなたは、教育業界の以下のような

勧誘法に抵抗を感じませんか?

 

・エースの先生が分かりやすく面白い体験授業をし、

 いざ入塾したらアルバイトの先生に代わる

※大手塾でよくある営業手法
 

・「学習アドバイザー」と称したセールスマンが家庭に出向く
・無料体験と称して、その場で責任者が強引な営業をかける
※大手家庭教師業者でよくある営業手法

契約させるのは、その生徒を担当する先生ではありません。

本来であれば目指す教育目標、大事にしている指導理念、
指導の流れや指導の方向性などは、

「指導する先生」が直接ご家庭に説明するのが筋でしょう。

 

 

心の余裕が社会を幸福にする

 

我々は1人の人間の人生を変えてしまうかもしれない
立派な仕事をしています。
 
サービス内容が一時的に変わっても

あなたや塾の価値が下がったわけではありません。

 

体験授業や教育カウンセリング内で

無理な勧誘を一切行わなくても

入塾させる方法などいくらでもあります。

 

プレミアは求めている人に適切に届くように

アプローチするためのプロでもあります。 

 

あなたの塾がキャンセル待ちになるようご協力し、

お金の余裕を作りだします。

 

お金の余裕=心の余裕 です。

 

お金に余裕を持ち、どんなときでも冷静に的確に対処し、

経営を傾かせないことが、結果社会を幸福にすると私は信じています。

  

ぜひお気軽にお問い合わせください。