講習会や合宿で利益を上げる方法をとらない

柏倉です。

 

 

春・夏・冬の季節講習会は

ご家庭から見て、

いくつか問題点があります。

 

問題点1 講習会の料金が非常に高額

受験生になると、

夏の講習会では
 

20万円以上するところも

多いようです。


中学受験個別指導で
100万円という話も

聞いたことがあります。

 

料金を知らない

ご家庭にとっては、

パニックになるでしょう。

 

もちろん、

その分授業時間数も

相当増えるので、
 

1時間あたりの金額としては

そこまで割高でもない
 

という塾側の論理も

わからなくはないのですが・・・

 

あなたが習い事をしているとして、

 

7,8月の月謝がいきなり通常月の

2~4倍程度に月謝が跳ね上がったら、


どうお感じになるでしょうか?
(入会時の説明が不十分という前提)

 

 

問題点2 半強制的な講習会参加

もう一つ問題なのは、
塾生が半強制的に

講習会に参加させられること。


講習会には本科講座とか、

必修講座といって


塾生全員が半強制的に

受講させられる講座があります。


それらの講座の中では、

普段の授業と同じように

 

新しい内容を扱い、
授業が進んでいくことがあります。


ですから、講習会に参加しないと言った

生徒やその保護者は、


「講習会に参加しないと、ついていけなくなりますよ」

 

という脅し文句を

言われることもあるのです。

 

教えるべき新出事項は

平常授業の中で教えきり、


講習会は復習だけにして、

それを本当に必要としている生徒だけが、


必要な単元を選んで受講するのが、

本来の形ではないのでしょうか。
 

そういう意味では講習会は

オプション授業であるべき

だと思っています。

 

 

普段の授業ができていれば講習会の必要はない

※以下で使う「講習」という言葉は、

 一般に認知されているため

 分かりやすいから使っています。

 

幣塾では、講習期間は

シンプルに授業料はそのままで、

 

一人ひとりの勉強時間と

営業時間を増やします。

 

労働時間は増えますが、

生徒には主に復習をさせるので、

 

私の労働密度は薄くなり、

手間も通常時とほぼ変わらないので、

winwinかなと思っています。

 

 

業界の常識は、社会の非常識

講習のためにやらないことを決め、

通常期からやるべきことにフォーカスすると、

以下の流れができます。

 

・通常期に授業、生徒指導、保護者対応に集中できる

・結果が出るので、自然に講習の体験生が集まる

・講習のための集客をほぼしなくてよくなる

・講習の営業時間を自分で決めているので、

 講習で疲れ果てることがない

 

長期休暇は学校の授業が止まる

絶好の復習期間です。

 

通常期から堅実な

経営をしていれば、

 

講習会や合宿で利益を

上げようとしなくても

 

ご家庭にメリットのある

提案を考えることができます。

 

参考にしていただけると

嬉しいです。